アンエアンの全成分は?解析したら肌にとってヤバいもの とか入ってない?

年齢とともに気になってくるのが肌のシミです!

シミに効くとされている商品はたくさんありますが、その中でもシミに有効的だと噂でとても人気なのが「アンエアン」☆

アンエアンは保湿成分がとても多く、年齢により出てきた直しにくいシミにも効果が期待できる商品です!

そんなアンエアンの全成分を見てみたら肌に悪いものなどは入っていないのでしょうか?

今回はそんなアンエアンの気になる全成分を見て、気になるものをご紹介します♪

 

アンエアンの全成分は?

アンエアンの全成分はこちらです!

アスコルビン酸2-グルコシド、アルブチン、グリチルリチン酸2K、グリコシルトレハロース、水添デンプン分解物混合溶液、ヒドロキシエチルセルロース、濃グリセリン、無水クエン酸、クエン酸Na、ピロ亜硫酸Na、BG1,2-ペンタンジオール、キサンタンガム、ヒアルロン酸Na-2、フェノキシエタノール、オウバクエキス、タイムエキス-1、プルーン酵素分解物、サクシニルアテロコラーゲン液、加水分解コラーゲン末、チンピエキス、マロニエエキス、カモミラエキス-1、キウイエキス、POE(60)硬化ヒマシ油、ジイソステアリン酸グリセリル、スクワラン、水酸化K、ジエチレントリアミン 5 酢酸 5Na液、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、カルボキシビニルポリマー

アンエアンに含まれる「肌に良くない…?」成分を解析!

この中で「肌に良くないのでは…?」と気になる成分をいくつか発見したので調べてご紹介します!

・ヒドロキシエチルセルロース … 合成ポリマー、結合剤

・フェキシエタノール … 防腐剤

・チンピエキス … 血行促進、刺激剤

このように刺激剤や合成剤と聞くと肌に悪いのでは…?と不安になりますよね。

そこでこの成分が本当に肌に良くないのかも調べました!

ひとつひとつご紹介します!

ヒドロキシエチルセルロース

化粧品に含まれる場合は肌に塗りやすく、滑りやすさを出してくれます。

塗った後は乾燥からの保湿や保護の役割をしてくれます。

フェキシエタノール

エタノールと聞くと消毒液と連想しがちですが、この場合は消毒液ではなく商品が手元に届くまで、さらに使っていくうちに増えてしまう菌をこの防腐剤で防いでくれる役割をしてくれます。

チンピエキス

メラニンを抑制、抗炎症、血行促進などに期待ができます。

こうしてしっかりと調べてみると、ぱっと見なんの成分か分からず簡単に調べてみると肌に悪いのかな…と不安になってしまいがちな成分もしっかりと調べてみるとそれぞれの大事な役割があることがわかりました!

これらの成分はヘアカラー剤やほかの化粧品にも含まれることが多く、人によって様々ですがアレルギーや刺激物ではないようなので安心して使うことができそうです♪

万が一、肌に異常を感じた時は使用をすぐにやめてかかりつけの皮膚科に相談するようにしてくださいね!

アンエアンで肌にいい成分はどれ?

アンエアンで肌にいい成分は何かも調べました☆

・スクワラン

・濃グリセリン

・タイムエキス−1

・プルーン酵素分解物

・キウイエキス

これらの成分は保湿性が高く、製品を使用した後にもしっとりが続くようになっています!

さらに最初の方で紹介したチンピエキスはメラニンを抑制する効果が期待できるので、これからのシミには効果があるかもしれません☆

 

アンエアンの全成分まとめ

いかがだったでしょうか?

アンエアンの全成分をご紹介しました!

アンエアンは「シミにとてもいい!」「使い始めたら肌の調子がとても良くなった!」と人気な商品です!

人気な商品だからこそ入っている成分が気になってしまいますが、今回調べてみると簡単に見るだけだと「肌に良くないのでは…」と不安になってしまう成分も商品にとってはとても大事な成分だったり、効果が期待できるような成分も含まれることがわかりました!

アンエアンはシミに効果が期待でき、保湿成分も市販のものよりも多く含まれているため肌の調子も整えてくれます☆

今までシミケアしても効果がわからなかった方やこれからのシミ対策をしたい人、肌の調子を整えたい人にもアンエアンはとてもおススメです♪

実際に使ってみても保湿性が高く、嫌な匂いもせずとても使いやすかったので気になっている人は是非使ってみてくださいね♡



アンエアン関連記事

アンエアンの口コミでシミに効かない!効果なしという悪評とかある?





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA